注文住宅で念願を叶えましょう|理想を実現します

狭小地建築の際の小運搬費

男性

狭小地ならではの経費

家を建築する際に注文住宅を希望する人はとくに家に強いこだわりを持っている人が多いはずです。しかし住宅建築は初めてで知識など何もないところからスタートさせなくてはなりません。こうした人が失敗しないためにはいくつかの押えるべきポイントを押えることが必要です。大阪の中心部などの一区画が狭く密集した土地に注文住宅を建築する際のポイントを押えていきます。大阪のように一区画が狭い土地を狭小地と呼びます。厳密な定義というのはありませんが一般的に30坪程度の土地を指すケースが多いです。大阪府内でも駅に近かったり大阪市内の様な密集地の土地はほとんど該当します。こうした土地の特徴の一つが周辺に建物が密集していることが多く土地の前の道路や材料を搬入するための道路が狭い点です。道路幅が狭いと材料を小分けに小さな車両で運ぶ必要があります。注文住宅の費用にはデザイン料、材料費、申請費用、工事費用などがそれぞれ計上されます。仮に同じ住宅を同じ材料で建築したとしても道路幅員の広い建築地と狭い建築地では狭い建築地のほうが多く費用が掛かります。見積もりの中に小運搬費などと記載があれば道路幅員が狭いなどの理由で割り増しで請求されます。建築会社によって基準となる工事車両や運搬方法が異なるので同じ土地に同じ建物を建築した場合でも会社によって計上されたりされなかったりします。本来1台の大きなトラックで運搬できる材料を道路幅員が狭いが為に小さなトラック数台に分けて運搬するためにかかる費用です。運転手や手配する車両の数などが増えることで余計にかかる費用が計上されています。注文住宅を建築する際には土地だけでなくそこまでの材料の搬入経路や土地の周辺の環境も見極めたうえで購入することで無駄な出費を抑えることが出来ます。